ライザップの食事コントロール

こんにちは、吉木です。

今回はライザップの食事指導についてちょっと調べてみました。一言で言ってしまえばメインは「糖質制限」なんですが、「糖質を大量に摂ってはいけません」と伝えるだけでは誰もがきっと挫折してしまいますよね(私が食事制限ダイエットに挫折したように)。

そんな挫折者を出しやすい食事コントロールを最後まで続けられるようにするために、ライザップでは下記のようなことが行われているようです。

・毎食の食事指導
なんと食事を写真に撮ってメールで送信することで、トレーニング期間は毎食トレーナーや管理栄養士の方からアドバイスをもらうことができるとのこと。毎食となると、確かに一瞬の気のゆるみで「一食くらい良いよね……グラタンコロッケバーガー(糖質のかたまり)食べるぞ!」とはならなそうですね。トレーナーも毎食のアドバイスをするのは大変だと思うのですが、一緒に頑張ってくれることで二人三脚で走っている気持ちになれそうです。

・いつでもプロに相談できる体制の構築
365日間毎日管理栄養士がサポート受付をしてくれる体制が整っていて、例えば外食でどの食品を食べれば良いのかわからない時などに相談をすることができるそうです。確かに素人にはどの食品に糖質が多くて、どの食品を積極的に食べるのが理想的かなんてわからないですからね。プロが常についていることで、避けられない外食でもダイエット計画を崩されることなく続けられるんですね。

また、冒頭で「糖質制限」と書きましたが、ライザップの食事コントロールは糖質だけに留まらず、他要素についてもかなりプロ目線でのアドバイスをくれるようです。動物性脂質は体脂肪の蓄積に繋がるからなるべく赤身にしてサラダも組み合わせましょうとか、水溶性食物繊維が海藻類や納豆などに多く含まれるので組み合わせて食べると良いとか、かなり科学的見地からのアドバイスになっている様子。

人間、放っておくと手軽な食品を食べて色々偏りがちですもんね。さすがのパーソナルトレーニングといったところでしょうか。